セブ・フィリピン短期留学は8~12週が最多!おすすめ英会話スクール

フィリピン語学留学される方の約7割が英語初心者ですがその中で少なくない比率の方々が留学期間を8~12週に設定します。英語ビギナーが英語の基礎を固め、日常生活で不自由しないくらいの英会話力を身に着けるようになる目安期間が8~12週だからです。

8週間の短期留学で12週留学効果を得られる方法

8週留学と12週留学で比較しますと、時間と余裕が許すのであればもちろん12週留学を推奨いたしますが、英語ビギナーの場合8週でも12週分の成果を見込めるやり方があります。

渡航前の単語暗記です。中学英単語1,000~1,200個を渡航前に徹底的暗記してフィリピン留学に挑めば12週に近い成果を期待できます。英語がなにもわからないと最初の3週間は大した進歩が望めません。英単語をある程度知っていると最初からスタートダッシュできます。単語暗記で最初の3週間を無駄にする事がないです。

英語力中級以上に目安期間はない

セブ島・セブ空港があるマクタン島風景

英語力中級者、上級者は目安となるサンプル期間は提示できません。期間はご自身の都合で決められればよろしいです。英語ビギナーには実りが少ない1週などの短期留学もTOEIC900点保有者でスピーキングが苦手な方、ビジネス英語を習いたい方には大いに意義があります。

但し設定期間不問の英語レベル中級、上級者でも独学では難しく難易度が高いIELTSやTOEFLなどで高得点を獲得するためには12週や24週などの長期留学が必要になってきます。

8~12週間の短期留学おすすめ語学学校

8~12週留学では二つのタイプから語学学校をご紹介いたします。スピーキング中心と基礎固め中心です。スピーキングは英会話、基礎固めは読む、聞く、書く、話すのバランスのいい英語指導を強調いたします。

英会話、スピーキング特化コース

セブ島・バギオ・クラーク語学学校おすすめ

英文法や語彙に問題がない方、ネイティブスピーカーにより近付きたい方、海外旅行や仕事で使うことのできる実用的な英語力が必要な方、高い英語力は必要ないが基本的な会話能力をしっかり身に付けたい方…理由は千差万別あると思いますが、本記事は特にスピーキング能力を高めたい方に向けて作成しています。「推薦学校リスト

スパルタ語学学校(インテンシブコース)

セブ島、バギオ留学おすすめ

フィリピンのスパルタ校の一般的な特徴は、平日(月〜木)外出禁止、厳しい出欠の管理、課題、放課後の義務自習や毎日もしくは毎週のテストなどが代表的です。学校によって差はありますが、学校が組んだスケジュールと規定に基づいて留学生活をしていきます。よってスパルタタイプの学校は、学業管理の為に多少強制的であり、短期間で集中的に英語力を伸ばしたいという方や、しっかりと目標を持って挑み自立性のある方、または怠けそうだから勉強するルーティーンを強制的に作りたいという方に適しています。「推薦学校リスト

手頃な価格のフィリピン英語留学

安価な学校はどんな人に適している? フィリピンの格安おすすめ英語学校。1カ月9~12万円でフィリピン留学

フィリピン留学のメリットは格安費用でマンツーマン授業

英会話スクール・留学にお金を使う前に…「稼げる英語力」を身につける方法とは

英語多読というのは、文字通り「英文をたくさん読解することで、英語の総合力を高める」という手法です。多読、ということから「リーディング力しか伸びないのでは?」と思われがちですが、そうではありません。

日本語でもたくさん本を読んでいる人は豊富な語彙を執筆する力を持っていたり、聞いている人をうっとりさせるような巧みな表現を盛り込んだ会話を展開できることはよく分かると思います。日本語も英語も本質は違いがありません。

英文をたくさん読むことで、脳内に語彙やフレーズをたくさん記銘します。英会話やライティングの際は、脳内に溜め込んだ正しい英文を頭から取り出し、口から出していうだけで完璧な英会話が出来ます。私は米国の大学で会計学を履修し、単位取得するためや、外資系企業で外国人、日本人社員のプロジェクトをマネジメントする上で必要な英会話力は英語多読で脳内に溜め込んだ英文を使ってこなしていました。

英会話が出来ない人は、圧倒的にストックが足りません。多くの人は「英会話が出来ないのは、練習が不足しているから」と思い込みがちですが、そうではなくそもそもインプット(多読)が足りないから、アウトプットできるものがない、というのが正しい認識なのです。