セブ島 CPILS(シピルス)英語学校のパンフレット

セブ留学スパルタ名門・多国籍な環境のセブ語学学校 CPILS

2001年セブ島で一番最初にできた英語教育機関であり、セブ最大の規模を誇るマンモス校。

経験豊富な講師陣は5段階の厳しい面接から始まり、2カ月にわたる研修や勉強会を受けた選び抜かれた講師で構成されてい ます。高校生の単身留学、親子留学、さらに社会人の方まで幅広い年齢層にも対応できるよう、さまざまなコースを用意 しており、一人一人のニーズに合ったコースを選択することが可能です。学校内は、学校外観からは想像できないほど快適 な施設・設備がそろっており、週末も学校内で生徒が退屈せず過ごせるように工夫がされています。さらに、国際色がとて も豊かで韓国人をはじめ、中国人やロシア人の生徒も多く在籍しており、他の語学学校ではみられない多様な国籍比率は、 CPILS校の魅力の一つでもあります。

CPILS 概要

学校名 略名:CPILS(シピルス)正式名称:Center for Premier International Language Studies
(センター フォー プリミア インターナショナル ランゲージ スタディズ)
住所 M.J Cuenco Avenue, Cebu City Philippines 6000
設立日 2001年7月
定員数 400名
宿舎 学校内部寮・外部ホテル寮(夏期のみ)
講師 フィリピン人講師(220名)、ネイティブ講師(10名)
従業員数 350名
食事 1日3食(朝昼夕)バイキング形式 *土、日含む
授業形式 マンツーマンレッスンとグループレッスンの組合せ
国籍 韓国25% 日本20% 台湾20% ベトナム15% 中国10% その他10%(ロシア、フランス、ベルギー、タイ)
海外支店 韓国、日本、台湾、ベトナム
資本 日本・韓国・合同資本
公認機関
  • サンホセ・レコレタス大学 ESLセンター
  • フィリピン政府観光省ESLパートナー校
  • フィリピン労働雇用省(TESDA)登録
  • フィリピン法務省登録(登録番号A0002-030)
  • TOEIC公式テストセンター