フィリピン消費者物価、8月4.9%上昇 食料品値上がり主因

投稿者
セブ留学ドットコム
投稿日
2014-09-06 15:24
閲覧数
617
フィリピン統計庁は5日、8月の消費者物価指数(CPI)の上昇率が4.9%だったと発表した。前月と同じ水準で、政府のインフレ目標(3~5%)のほぼ上限にある。コメなど食料品の値上がりが主因だ。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM05H1M_V00C14A9FF2000/
全体 0

フィリピンユースまとめ

[wp_rss_multi_importer hdsize=”18px” hdweight=”500″ morestyle=”>>”]
Yahoo! フィリピン